日本TCSの強み

 

日本企業のビジネスを成功へと導くために、私たちは以下の強みを備えています。



■業界最高水準のTCSのITサービスやソリューションを提供

数々のグローバル企業に価値をもたらしてきた、業界最高水準のTCSのITサービスやソリューションを皆様に提供します。


■万全のデリバリー体制

日本のお客様を支援するために、国内外合わせて6,000人のプロフェッショナルがいます。 このうちビジネスパートナーを含む4,000人は、日本で国内市場に関する豊富な知見も活用しながらお客様をサポートします。


■日本市場における知見を蓄積

日本TCSは、多様な業界の大手日本企業を100社以上支援しています。 各業界の特性に対する深い理解をベースに、お客様に最適なサービスを提案します。


■日本企業向けに最適化したデリバリーモデル(JDM:Japan Delivery Model)

日本(東京・名古屋・大阪)のほか、インド(チェンナイ・プネ)、中国など、世界中に広がるデリバリーセンターのコラボレーションにより、サービスを提供します。 各業界・技術分野に精通した各地のプロフェッショナルが連携し、今日のみならず将来をも見据えた解決策を、日本のお客様視点で提案します。


JDMの特長

  • スケールとスケーラビリティ
    世界各地のデリバリーセンターと人材の組み合わせにより、お客様のビジネス特性や状況に即した体制を構築しますので、どのような規模のプロジェクトにも対応可能です。

  • 日本、グローバルで技術力や経験を培ってきたプロフェッショナルによる対応
    日本、そしてグローバルのプロジェクトに参画し、技術力や経験を培ってきたプロフェッショナルがワンチームとなってサービスを提供します。

  • グローバルなノウハウの提供
    TCSが数多くのグローバル企業にIT面の支援を行う中で蓄積してきた実践的なノウハウを、お客様に提供します。


日本企業専用のデリバリーセンター(JDC)について

2015年9月、日本のお客様に対するデリバリー体制を強化するため、インドのプネにあるTCSサヒャドリパーク内に、日本企業専用のデリバリーセンター(JDC: Japan-centric Delivery Center)を開設しました。 JDCで4,000人、TCSサヒャドリパーク全体で23,000人のプロフェッショナルを収容可能であり、ビジネス拡大にも円滑に対応します。
また、日本のお客様が求めるきめ細やかなサービスを提供するため、ビジネスの慣習や日本語を学ぶ研修施設「光アカデミー」を同時に設立しました。 以来、JDCに所属するTCSのプロフェッショナルが日本の理解に努めています。