タタ・グループについて

 

7業種・100社超で構成され、総従業員数は約61万人、世界100カ国以上でビジネスを行い、インド国外での収益が全体の約70%を占めています。


タタ・グループは信頼されるリーダーとして、ビジネス活動を行う世界各国で、長期的な価値の創造を通じ、人々の生活の質を高めることを目指しています。こうした精神は、グループの持株会社であるタタサンズの自己資本の約66%を、独立した慈善団体であるタタ・トラストが保有しているという事実にも表れています。グループの創業者ジャムシェトジー タタが述べたように、「企業にとって、地域社会は単なるステークホルダーではない。地域社会への貢献が、存在目的そのものである」と私たちは考えます。


タタ・グループを構成する7業種

  • 情報通信
  • エネルギー
  • エンジニアリング
  • 消費財
  • 資材
  • 化学製品
  • サービス