デジタルエンタープライズ

TCSの提唱するデジタルファイブフォース ― モバイル&パーベイシブ・コンピューティング*、ビッグデータ&アナリティクス、ソーシャルメディア、クラウド、人工知能(AI)&ロボティクスと、デジタル・マーケティングを組み合わせて、企業のITを再構築しコスト改善や売上と利益の向上を実現します。
デジタル革命は、これまでにないインパクトを企業活動に与えており、多くの企業は、デジタルファイブフォースの組み合わせにより創出される価値が、全く新しいビジネス手法を生み出すことに気付き始めています。

* パーベイシブ・コンピューティング・・・ 情報技術とネットワーク環境が融合した、コンピューター技術やその環境。必要な情報に簡単かつ安全にアクセスできる状態。


昨今、多くの業界で雇用や働き方の多様化が進んでいます。また、労働人口の減少が今後の社会問題として認識されています。そういった社会環境に対応しようと、多くの企業では業務改善・改革に取り組んでいます。しかし、従来の業務改善・改革では基幹システムの導入やアウトソーシング等、間接業務の効率化が中心で、人間による判断や操作が必要なバックオフィス業務の改革はRoIが見込めない等の理由で進んできませんでした。近年、ソフトウエアロボットを用いたプロセスの自動化(RPA:Robotic Process Automation)が登場し、バックオフィス業務改革に取り組む企業が増えています。TCSでは、RPAとBPM(Business Process Management)ツールを組み合わせて更に高度なビジネスプロセスの自動化を図るIPA(Intelligent Process Automation)を提唱しています。

>> 詳細はこちら (日本語)

TCSのデジタルエンタープライズモビリティサービスは、小型デバイスがもつモビリティを活かしたソリューションの構想から効果分析までを含めたトータルサービスです。

>> 詳細はこちら (日本語)

TCSはお客様の課題解決に向け、データを最大限に活用するアナリティクス、ビッグデータ、インフォメーション・マネージメントサービスを提供しています。

>> 詳細はこちら (日本語)


●ソーシャルメディア

●クラウド

●人工知能(AI)&ロボティクス