IPA(Intelligent Process Automation)

 

昨今、多くの業界で雇用や働き方の多様化が進んでいます。また、労働人口の減少は企業に多大な影響を及ぼす社会問題として認識されています。そういった社会環境に対応しようと、多くの企業が業務改善・改革に取り組んでいます。しかし、バックオフィス業務の改善・改革は進んでいない状況でした。
近年、ソフトウエアロボットを用いたビジネスプロセスの自動化が登場し、バックオフィス業務改革に取り組む企業が増えています。TCSでは、さらにビジネスプロセスマネジメント(Business Process Management:BPM)を組み合わせたIPA(Intelligent Process Automation)でより高度なビジネスプロセスの自動化を図ります。

ページトップへ

お客様の課題

これまで多くの企業が業務改善・改革に取り組んできましたが、業務の標準化や基幹システムの構築、アウトソーシング推進など業務量や発生頻度の高い間接業務の効率化が中心でした。しかし、少子高齢化による労働人口の減少や人件費の高騰などに対応するためには、従来の業務改善・改革では進めにくかったバックオフィス業務の効率化を進める必要があります。その為には、今まで人が判断していた業務を、ソフトウエアロボットを活用して自動化するRobotic Process Automationが有効です。
TCSではさらにBPMを組み合わせて、より高度な自動化を行うIntelligent Process Automationにより高度なビジネスプロセスの自動化を図ります。

サービス概要

エクセル等によるシステムへのデータエントリーや集計、基幹システムへのデータローティングや複数のシステムや社外システムなどの連携など、処理の繋ぎに人が介在している作業や業務は自動化される対象として想定できます。
TCSのIPAでは、先ずは人が行っている業務を複製・同化を行います。その後、自動化する業務の高度化に合わせて展開する業務の幅を広げることで、最終的には推論に基づいたコグニティブな業務自動化を目指します。

業務処理を自動化することで、業務のスピードアップを図りお客様はより付加価値の高い業務に集中することができます。また、繰り返し発生する定型業務でのミスが削減されるため、やり直しや修正などの業務手戻りを防止します。さらに品質チェックも自動化されることで、品質向上を図るだけでなく、人とシステムそれぞれの行動が追跡監査可能となり、法令や標準プロセス順守が徹底されることでコンプライアンス強化も実現されます。

ページトップへ