PRISM (Prime Integrated Service Management)

 

包括的ITサービス管理でビジネスを支える

IT運用における最適なパフォーマンスを発揮させるPRISM

お客様のIT資産を預かるデータセンター運用サービスは、IT資産を持つ形態からクラウドに代表されるサービス提供を受ける形へと変革が進み、多様化を極めてきました。 しかし、多くのサーバーやユーザーを抱える企業において、クラウドへの移行は決して簡単なものではなく、企業は比較的容易な分野から移行を進めた結果、複数のベンダーやデータセンターが管理することとなり、サイロ化されたデータセンターが数多く存在しています。 こうした状況では、必ずしもコストの最適化や利便性が保たれないだけでなく、障害が発生した際の責任の所在が曖昧になるといった問題もはらみます。 また、ビジネスにおいてもコアビジネスの停止や障害の長期化、顧客の信頼失墜など、企業経営に大きなダメージを与えるリスクがあります。

一方で、データセンター運用が一定の成熟度に達した企業でさえ、次の打ち手として海外展開を戦略に据えていながら、現地語対応や現地ベンダー対応などの、克服すべき課題を前にして先に進めない状態に陥っているということもよく聞かれる話です。 その他にも、データセンター運用における課題(図1参照)は山積していますが、この現状から脱するには、サイロ化されたデータセンターとクラウド利用のデータセンター、さらには海外のデータセンターなどの運用をシームレスに統合することが必要です。 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ(日本TCS)では、こうした課題を解決する包括的なITサービス管理ソリューションとして「PRISM(Prime Integrated Service Management)」というオファリングを提供しています。

PRISMは、タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)の豊富な知見を活かし、IT運用における最適なパフォーマンスを発揮させるために、障害発生時のリアルタイム分析をはじめ、ITインフラとアプリケーションポートフォリオの可視化を実現し、データセンターの効率的な運用を可能にします。 国や地域を越えたITオペレーションの統合ビューも提供でき、企業全体のプロセス定義や品質基準の標準化を可能にします。

このPRISMは、ITIL(ITサービスマネジメント(ITSM)のベストプラクティスを体系化したITシステムのライフサイクルマネジメントに関するガイドライン)に準拠したサービスを定義しています(図2参照)。 プライム・ビジネスプロセス・マネジメントサービスは、ITSMの最適化などのサポートメニューを提供するサービスマネジメントと、ITサービスプロセス統合などのサポートメニューを提供するサービスインテグレーションで構成されています。 プライム・モニタリングサービスは統合・業種特化型のモニタリングサービスにより全てのITレイヤーをカバーします。 これら二つのサービスは、TCS独自のITSMツールであるCloud Plusなどを活用することで、より効果的なIT運用を可能とします。 また、お客様がすでにお使いのツールを選択しても基本的な運用サービスを利用することが可能です。 このツール選択の柔軟さも評価され、すでに約20社のお客様PRISMを活用していただいています。

高い技術力とグローバルの豊富な知見で高品質なデータセンター運用を実現

PRISMは、「統合コマンドセンター」「実績に裏付けされた統合ツールと高い技術力」「多様な技術陣と豊富な知見」といった強みを活かし、お客様のデータセンター運用をサポートします。



統合コマンドセンター

PRISMが提供するコマンドセンターは、日本で実績と信頼のある東京と、インドのプネの2拠点体制で、24時間365日のシステム監視・運用サービスを提供。日本とオフショアが連携することで災害時の可用性を高めています。 このプネのコマンドセンターは、昨年開設した日本企業向け専用デリバリーセンター(Japan-centric Delivery Center)内にあり、日本のお客様向けにカスタマイズされています。 日本語を母国語としない技術者は、日本の文化やビジネスマナーを学ぶ研修施設「光アカデミー」で、日本語だけでなく幅広く日本への理解を深め、海外に展開するお客様に対してもバイリンガル対応で強力に運用をサポートしています。 この他にも、分析駆動型のセキュリティーサービスと収集されたデータの分析から得たレポート機能による予知保全や、グローバル水準の品質管理モデルを活用し、柔軟で高品質な運用監視サービスを提供します。

実績に裏付けされた統合ツールと高い技術力

TCSがグローバルで培った実績ある統合ツールCloud Plusは、ガバナンス管理、ITインフラおよびアプリケーション管理、業務およびITサービス管理の三つの要素で構成され、お客様のITサービスを経営者の視点でサポートします。 このCloud Plusを含めPRISM全体を支えるのが、TCSの高度な技術力です。TCSでは、さまざまな技術領域に特化したスペシャリストをCoE(Center of Excellence)として認定しており、お客様の状況に応じてCoEが専門性の高いサービスを提供しています。 さらに、日本とインドの約20カ所のテクノロジーラボが入手する多様な技術やベンダーに関する最新情報を活用して、より高い価値を提供することで、お客様のビジネスに貢献します。 また、これらのラボは、クラウドを通じて世界中のどこからでもアクセス可能なため、お客様は自社で資産を持つことなく、概念実証(Proof of Concept、PoC)の検証や技術的な問題の再現試験などに対応することも可能です。

多様な技術陣と豊富な知見

PRISMでは、まずアセスメントを実施してお客様の抱えている問題や課題を浮き彫りにし、より正確なソリューションを導き出します。 これにより、改善にかかる期間の短縮やコストの最適化を実現します。 また、多様な技術とグローバルでの豊富な知見を持った約1,200名のITコンサルタントやCoEが日本のプロジェクトに従事し、お客様のデータセンター運用を支えます。 この他に、多くのお客様が重視するセキュリティーについては、3重の強固な対策を施しています。 データは東京のセンターのみに置き、プネのオペレーターは仮想デスクトップからアクセスする仕組みとなっており、お客様のデータが国外に出ることはなく安心してご利用いただけます。 日本TCSは、お客様のIT管理におけるさまざまな課題をPRISMで包括的に解決し、お客様の海外展開やコアビジネスに注力できる環境の提供を強力にサポートしていきます。



ページトップへ